スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【ODA一旦やめてもよくね】【政治】 日本のODAに根本的な問題…商社やサブコンの癒着や腐敗政治に道具にも[09/29]

1: マザーグースφ◆FdDsU0B5ivx5 2014/09/29(月)15:55:06 ID:???

★政府開発援助(散発的な問題意識)
緒方 林太郎:2014年09月28日 20:45

 前回、水産無償の件を取り上げましたが、昔から制度的に政府開発援助について気になっている事があります。現職時代、質問したこともあります。外務省時代に直接担当したことがなく、全体像をきちんと把握しきれていないので、散発的な問題意識になりますが。

 まず、前回のエントリーで書いたように、日本の援助は要請主義ですが、その要請書を日本政府が満足できる水準に書ける国は本当に少ないです。私がセネガルにいた際も、相手国からやってくるのは「ここの開発をしたい。」くらいで、私から「もうちょっと詰めてもらえないと...。相談には乗るから。」と言ってしまえば、そこでプロセスが止まってしまうことがたくさんありました。

 ただ、そういう中で、時折「バシッ」とよく出来た要請書類がやってくることがあります。体裁から、中身から見た瞬間にピンと来ます。そう「日本の商社が作った要請書」です。日本人的なツボどころ、日本の援助当局者のツボどころをよく押さえています。大体、議論の俎上に乗るような援助案件はその背景に日本の商社がいる事が多いです(すべての国でそうだとは言いませんが。)。

 そして、そういう案件をその国の公文書として日本大使館に提出させるために、日本の商社の方はその国の大臣クラスに袖の下を出していることが多いです。つまり、商社の方が「うちの案件をおたくの国の正式な要請として出してくれ。」と頼みに行くと、袖の下を要求されてしまうのです。変な話です、日本が援助するのに、援助される側の相手国に日本企業が袖の下というのは。

 ただ、日本政府側から見れば、公式プロセスとしては「相手国から要請書が出てきた。」、これだけです。その背景に日本の商社が動いて、袖の下まで使って相手国の公式要請書にするための努力など「表に出て来ない話」、「関係のない話」なのだろうと思います。

 この事を国会で質問したら、先のエントリーにもあった通り、「逐一承知していない。

そういう話があるなら、未然に防いでいかなくてはならない。」という力の抜けた答弁でした。途上国大使館で、援助担当を少しでもした外交官は「逐一」知っているはずです。これは制度を相当にいじらないと解決しない問題だと思いますが、多分、外務省にはそこまでの考えはないのだろうと思います。

 そして、私の(かなり古い)経験で、業者の癒着なしには殆ど無理だったのが、文化無償の機材供与ものです。例えば、スポーツ関係の機材、日本語教育のための音響機器みたいなものです。これは機材供与のみですがタイド(日本企業からの調達)の援助です。となると、日本企業からの調達になる前提で見積もり、要請等も行われるわけです。「ミズノ社サッカーボール●●個 ○○円」みたいなことが詳細に書いてある要請書を見て、「こんなもの、セネガル人に書けるか!」と思わない人間はいないと思います。

 文化無償については、「機材供与のみの援助」、「タイド」、「要請主義」、この3つの要件がある時、絶対に商社の裏での関与+袖の下の構図になります。ただ、これも私が質問した時は「そういうことがないようにしたい。」というすっとぼけた答弁でした。

 あと、これはもう少し通なテーマですが、援助の案件が決まり、実際に事業が始まった後にも問題があります。日本の無償資金協力はタイドですので、まず受けるのは日本企業です。しかし、考えれば分かる通り、サブコンは現地企業です。そして、どのサブコンを使うかというのは、相手国との協議事項です。

 ここにも変な袖の下が絡む要素があるのです
。私の経験では、相手国の大臣が「この企業で頼む。」と言ってきたら断りにくいのです。そもそも、サブコン決定に際して、その大臣のサインがないと事業が動かない以上、そこを無視することは出来ません。私の所に、商社の方が「特定の割高なサブコンを押しつけられて困っている。」と泣きを入れてきたこともあります(しかし、私に出来ることは制度上はありませんでした。

続きを読む
http://lite.blogos.com/article/95402/
http://news.livedoor.com/lite/topics_detail/9302001/

■要約
・日本のODAに根付く根本的な問題を、緒方林太郎元衆院議員が指摘している
・基本的には要請主義で、相手国が満足に説明できないと計画が頓挫することも
・相手国と癒着した日本の企業が、代理で要請書を提出する実態もある





2: 名無しさん@おーぷん 2014/09/29(月)15:58:19 ID:Tk47uZL3l

そりゃ血税をただで外人にくれてやるわけないだろ。袖の下なんてアメリカでもあるって言ってたぜ、日本企業の人が。


3: 名無しさん@おーぷん 2014/09/29(月)16:11:20 ID:UpjoNhJXw

くれてやる相手に袖の下渡してるんだろw



にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
にほんブログ村
ヘイトスピーチはどこからどこまでがヘイトスピーチなのか。
きっちり定めてくれないと表現の自由、知る権利がおかされる。
よかったらクリックお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/09/29 16:54 ] 日本 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://openmatome863.blog.fc2.com/tb.php/1885-ec754fae










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。