スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【反日日本人の思惑がよくわかる】【マスコミ】次の項目から、最も罪深いものを1つ選びなさい。(1)従軍慰安婦(2)従軍看護婦(3)従軍漫才師(4)従軍記者 立命館大フェロー・加地伸行 [H26/10/19]

1: ◆sRJYpneS5Y 2014/10/19(日)17:40:01 ID:???

【古典個展】目標を失い漂流する朝日 立命館大フェロー・加地伸行

(略)

 記事の見出しは「朝日記者の国語能力疑問」-その朝日新聞が「語彙・読解力検定」なる国語試験を営業しているのであるから、これはもうブラックジョーク。ならば、次回に次のような出題にしてはどうか。

 次の項目から、最も罪深いものを1つ選びなさい。

 (1)従軍慰安婦 (2)従軍看護婦 (3)従軍漫才師 (4)従軍記者。

正解はもちろん(4)である。かつて毎日新聞(前身)の従軍記者は、2人の日本軍将校の中国での百人斬り競争という、ありえない記事を書いた。そのため、敗戦後、2人は裁判とは言えない裁判で死刑となった。

 そうした記事の責任など、どこ吹く風、戦後、この記者は中国の保護を受けて暮らした。

 さて謝罪後の朝日新聞、今後その体質は変わるのか。断言しておこう〈変わらない〉と。

 (略)

 新聞の言論は、公平性が第一などと言っている人がいるが、カマトトもいいところ。まずはすでに一定の思想的立場があり、日本は、彼らの祖国〈ソ連〉(当時)の植民地になることを目的としていた。すべてはソ連の下に。

 ところが、そのソ連が崩壊したため、目標を失ってしまった。だが、長年かけてできた保守政権批判等の体質は、そう簡単に変えられるものではない。相変わらず批判という不遜な安住をし、今日に至っている。

 とにかく、保守政権の悪口を言っておれば〈高度の批判〉風に見せかけることができ、一丁(いっちょう)上(あ)がり。日本を社会主義国家へという目標を失い、漂流しているのが朝日の現状である。そのため捏造(ねつぞう)だってなんだって平気という荒廃となった。そういう社風の体質は変えようがない。

 中国は古代、鐘を盗んだ男が逃げていたが、大きくて重い。そこで砕いてまとめようとして鐘を割ったところ、大音響(大嘘の報道)。それを他人が聞いて鐘を奪いに来るかもと心配して「(自分の)その耳を掩(おお)えり」(『呂氏春秋』自知)と。(かじ のぶゆき)

全文はこちら 産経ニュース
http://www.sankei.com/column/news/141019/clm1410190009-n1.html
http://www.sankei.com/column/news/141019/clm1410190009-n2.html
http://www.sankei.com/column/news/141019/clm1410190009-n3.html

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 7◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1412073351/621





3: 名無しさん@おーぷん 2014/10/19(日)17:48:46 ID:1yJI6Og7C

>まずはすでに一定の思想的立場があり、

だがリベラルだと言い張る


9: 名無しさん@おーぷん 2014/10/20(月)00:32:47 ID:Af98DOeUk

こいつずっと産経で連載してて、悪夢の政権交代前の自民叩き時代はダンマリ
民主に政権交代してから早々に民主は信用できないって予防線はってた奴だよ
政権交代に踊った愚民よりは政権を見る目があるんだろうけど
世論に反対する気骨や勇気のある人材じゃないね
まあ朝日や中韓叩きしてくれるなら暫くは使えるんじゃね


12: 名無しさん@おーぷん 2014/10/20(月)02:15:43 ID:1ym6hl2Tm

罪深いもの
美しさじゃないでしょうか。





13: 名無しさん@おーぷん 2014/10/20(月)03:06:56 ID:4vnNPdvxG

>かつて毎日新聞(前身)の従軍記者は、2人の日本軍将校の中国での百人斬り競争という、ありえない記事を書いた。

これ初めて知った…


14: 名無しさん@おーぷん 2014/10/20(月)03:49:23 ID:cXGe6fQsA

>>13
オヌヌメ

◆百人斬り裁判から南京へ (文春新書2007/4/20)
http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784166605668

 『戦後60年の冤罪を司法もマスコミも晴らしてはくれなかった』
 南京での中国人百人斬り競争という捏造記事で処刑された将校の遺族が
 名誉回復を訴えた裁判で見た、新聞の無責任さや司法の不可解さに直面した

 あらすじ
 「南京大虐殺」の象徴となった中国人「百人斬り」競争の将校の遺族と
 出会った著者は、彼らの無実を確信し、弁護士として名誉毀損裁判を闘っていく


16: 名無しさん@おーぷん 2014/10/20(月)06:25:59 ID:PbHIkB9QV

「君側の奸(スッカラカン)」=国民世論の奸=朝日・毎日系新聞
排除が日本立て直しの第一歩


17: 名無しさん@おーぷん 2014/10/20(月)06:30:20 ID:INZuR5U6Q

朝日や毎日は過去何やってきたかもうバレバレになってるのに
化けの皮が剥がれてる自覚が未だに無い様子だよな



にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
にほんブログ村
日本が大嫌いな日本人たちは、一体何を求めているのかと不思議でしたが、
既に彼らの先輩が中国でぬくぬくしていたのですね。
現代の反日日本人も、中国でちやほやされたいから反日行為をしているのでしょうな。
てか、今すぐ中国人になっちゃえばいいのにww
よかったらクリックお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/10/20 11:49 ] 日本 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://openmatome863.blog.fc2.com/tb.php/2120-86aa7a03










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。