スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【お帰りなさい・ありがとうございました】【社会】70年の時を経て「堂々」初の艦隊帰還…ガダルカナル戦没者遺骨が海自の練習艦「かしま」で運ばれ海自儀仗(ぎじょう)隊が敬礼で出迎える[14/10/26]

1: 暁の補給艦◆EX8DfCLL3U 2014/10/26(日)08:51:36 ID:vWWoGldzx

【産経ソース】
 第二次大戦の激戦地、ガダルカナル島(ソロモン諸島)で昨年夏以降に収容された戦没者137人分の
遺骨を乗せた海上自衛隊の練習艦隊が24日、東京・晴海埠頭(ふとう)に帰港した。

遺族ら78人が70年以上を経て帰国した遺骨を出迎えた。

 政府が実施する遺骨収集事業で海自の艦艇が日本に送る初めての事例。政府主導で帰還を推進する
モデルケースとして注目を集めていた。

 晴海埠頭での引き渡し式では、遺骨が海自の儀仗隊に栄誉礼で迎えられた後、海自側から厚生労働省の
担当者に引き渡された。今後、身元が確認されない遺骨は、千鳥ケ淵戦没者墓苑(東京)に納められる。

全文
http://www.sankei.com/west/news/141024/wst1410240032-n1.html


【毎日ソース】
 第二次世界大戦の激戦地となった、南太平洋・ソロモン諸島のガダルカナル島などで収容され、
海上自衛隊の遠洋練習航海部隊の艦艇で運ばれた日本人戦没者137柱の遺骨が24日、東京・
晴海ふ頭に到着し、海自から厚生労働省に引き渡された。海外戦没者の遺骨を自衛隊が輸送するのは初めて。

 厚労省によると、遺骨は同省が今年9月にソロモン諸島へ送った派遣団が収容した。通常は派遣団が空路で
持ち帰るが、今回は海自幹部候補生の実習中だった同部隊が、同時期にソロモン諸島の首都・ホニアラに
寄港したことから、同省が防衛省に協力を依頼した。

 晴海ふ頭で行われた引き渡し式では、遺骨の入った箱を抱えて練習艦「かしま」から下りてきた海自隊員10人を、
海自儀仗(ぎじょう)隊が敬礼で出迎え、参列した遺族らが黙とうして献花した。参列した永岡桂子副厚労相は
「今後とも防衛省などと協力して取り組んでいきたい」と述べた。

全文
http://mainichi.jp/select/news/20141024k0000e040198000c.html





2: 名無しさん@おーぷん 2014/10/26(日)08:57:32 ID:KFBRC8NrI

帰国された英霊達に敬礼(`・ω・´)ゞ


3: 名無しさん@おーぷん 2014/10/26(日)08:59:08 ID:BNfe8v4p8

(`・ω・´)ゞ


4: 名無しさん@おーぷん 2014/10/26(日)09:00:14 ID:GGAbxBVpq

(`・ω・´)ゞ


5: 名無しさん@おーぷん 2014/10/26(日)09:15:06 ID:WnWbCsJvG

( ̄^ ̄)ゞ


6: 名無しさん@おーぷん 2014/10/26(日)09:18:01 ID:pBljcEe67

(´;ω;`)ゞ


7: 名無しさん@おーぷん 2014/10/26(日)09:43:33 ID:WOyu4PVhi

(`・ω・´)ゞ


8: 名無しさん@おーぷん 2014/10/26(日)09:53:24 ID:NSPs943Hz

(。・ω・。)ゞ



にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
にほんブログ村
お疲れ様でした。
本当にありがとうございました。
よかったらクリックお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/10/26 10:16 ] 日本 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://openmatome863.blog.fc2.com/tb.php/2199-94593bbb










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。