スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【日弁連、潰れろ】【慰安婦問題】当時の日弁連会長土屋公献氏の声明も見直しを 慰安婦を性奴隷 国連に働きかけ [H26/10/27]

1: ◆sRJYpneS5Y 2014/10/27(月)23:47:50 ID:???

【堀内恭彦の一筆両断】慰安婦の誤報問題 日弁連会長声明も見直しを

いわゆる「従軍慰安婦」問題の大誤報を認めた朝日新聞への批判が止まりません。
世界中に「慰安婦=性奴隷」という事実無根の悪評を広め、日本国と日本人を
辱(はずかし)めたのですから、当然のことでしょう。今後も、朝日新聞に対する
検証と責任追及、また、世界に対する日本の名誉回復措置を図っていかなくてはなりません。

 そして、この問題に関しては、日本弁護士連合会(日弁連)も、知らないふりはできません。

 日弁連は、1992年から「従軍慰安婦」問題を国連人権委員会に提起し、
「従軍慰安婦」を「性奴隷」として国際社会が認識するよう働きかけているのです。
その結果、翌年のウィーン世界人権会議において「性的奴隷制」が「国連の用語」
として採用され、1996年のクマラスワミ報告書において、
「軍隊性奴隷制(military sexual slavery)」と
明記されてしまったのです。


 この日弁連による一連の国連ロビー活動について、当時の日弁連会長の土屋公献氏は
「日弁連が、国連において、慰安婦を性的奴隷(sex slavesまたはsexual slavery)
として扱い、国連から日本政府に補償をおこなうように働きかけた」と自慢げに
述べました。


そして、1995年の日弁連会長声明において、土屋氏は、「日弁連を含むNGOは、一貫して慰安婦問題に関し、
『性的奴隷』として日本政府に対し国家による被害者への補償を要求し続けてきた」
「国連用語としての性的奴隷制が、いわゆる『慰安婦』として第二次大戦中に日本陸軍によって
組織的に誘拐され、結局売春を強制された問題をさすことが容易に理解できよう」
「日本政府は、国連の意図を歪曲することをやめ、被害者に対する国家補償をなすことを決意し、
日弁連提言及び国連決議等に鑑み、『従軍慰安婦』被害者に対する国家による補償を可能とする
立法の提案を早急に検討すべきである」
と高らかに発表したのです。会長声明は、現在に至っても維持されたままです。

 このような日弁連の動きが、従軍慰安婦問題に拍車をかけたことは明らかです。
一体、どういう事実や証拠をもって、「日本陸軍によって組織的に誘拐」とか、
「売春を強制された」などと断言したのでしょうか?

 ただ、「日弁連会長声明」と言っても、毎年、数多くの声明が出されており、ほとんどの国民は興味もなく、
その存在すら知りません。日弁連の会員約3万5000人(1995年当時は約1万5000人)の多くは関心も薄く、
いわゆる執行部を含めた一部の人たちで決められているのが現実です。

全文 産経ニュース
http://www.sankei.com/politics/news/141027/plt1410270046-n1.html
http://www.sankei.com/politics/news/141027/plt1410270046-n2.html
http://www.sankei.com/politics/news/141027/plt1410270046-n3.html





2: 名無しさん@おーぷん 2014/10/28(火)01:08:54 ID:JilrK17hr

開戦したらがい外患誘致罪で全員逮捕して処刑になれ


3: 名無しさん@おーぷん 2014/10/28(火)01:31:18 ID:AN0E9ekdV

>>2
その為だけでも、開戦の価値があるよね。
反日勢力には憎しみしか感じない。


4: 名無しさん@おーぷん 2014/10/28(火)01:36:19 ID:ck5YdRxJg

日弁連もサヨクの巣窟なんでしょ。
日教組同様、日本を貶めてばかり。本当に腹が立つ。



にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
にほんブログ村
アサヒだけでなく、福島瑞穂氏、日弁連も国会招致するべきかと。
忘れがちですが、日弁連も謝罪、発言撤回させるか解体させましょう。
捏造で日本を貶める人間を見逃すな!
よかったらクリックお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/10/28 09:04 ] 日本 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://openmatome863.blog.fc2.com/tb.php/2225-448e74cb










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。