スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【チョー日新聞】【論説】朝日新聞は戦前、戦後も日米を戦わせる事が目的の「反日諜報機関」であり、記者は本多勝一(本名:崔泰英)をはじめ「工作員」である

1: ◆CHURa/Os2M@ちゅら猫φ ★ 2014/10/28(火) 01:28:45.60 ID:???

★朝日新聞社は反日諜報機関て?ある - 佐藤守(元航空自衛隊空将)
JAPANISM2014年10月27日 08:12

■戦中も戦後も朝日の報道姿勢は何ら変わっていない
朝日の"従軍"慰安婦虚報訂正の言い訳を読んで、一昔前のある会合を思い出した。

「朝日の報道は戦中と戦後で180度転換した。しかも戦争中は軍部に阿ってジャーナリスト精神を踏みにじった」
と詰問された朝日関係者が、「我々は真実を貫こうと努力したが、軍の検閲のせいで書けなかった」と弁明したのである。

ジャーナリストとは一般的に「事実に対する現状や意義、展望を報道する専門家」とされているが、当然ジャーナリスト
自身の"完成度"が記事に大きな影響を与えるから、ジャーナリストとして評価されるためには「正確かつ客観的な報道能力」
が備わっていなければならない。昔はいわゆる"週刊誌ネタ"的情報を出版社などに売り込んだり、その情報をネタに
ゆすりたかりをする「トップ屋」と称する者もいたが、彼らはイエロージャーナリズムと区別された。

私はこの会合で「朝日は戦前戦後とも反日・反米で一貫しており、何ら変わった点はない。
戦中の朝日の記事には"愛国心が充満していた"と国民が勝手に思い込んでいたため、敗戦後に態度が急変した、
と勘違いしたにすぎない。むしろ、軍の検閲をいいことに、軍を賛美し"大本営発表"を担ぎ、そして日本を敗戦に
追い込んだのだから、朝日は戦前・戦中を通じて、一貫して反米・反日だったのだと思う。前線で奮闘する兵士の士気と
国民の支持を高めんとするかのような論調が続いたので、国民はその正体に気が付かなかったのである。

終戦直後、強大な権力を持ったGHQから出版停止処分を受けると忠実な下僕を装ったが、この頃から自己検閲強化姿勢が強くなり、
独立後に本来の反日に戻っただけだと思う」と言うと皆無言
だった。

私には「皇軍の向かうところ敵なし!」「海鷲の忠烈、万世に燦たり」などという、日本人の感性をくすぐる
「帝国陸海軍の"よいしょ"記事」の背景に何があるのか気掛りだったから分析していくと、朝日の姿勢は「日本崩壊を目指している
コミンテルンの主張」に共通したものがあり、日米を戦わせることによって、双方を自滅させ、戦後の世界をコミンテルンが支配する、
その手助けに狂奔していたのだという結論に達した。


20世紀は「共産主義思想」という妖怪が世界中にはびこり、わが国でも"高学歴な文化人"ほど共産主義に感染していった。
例えば後の元老・西園寺公望は「欧州で教育を受けた新し物好き」と評されたが、彼のような"西洋かぶれ、ハイカラさん"が
続々と誕生する火付け役が朝日新聞社ではなかったか?


朝日は「読者の政治的革新性、大卒・院卒および上層ホワイトカラーの割合がずば抜けて多く、読者の平均世帯年収も多い」
と自負しているから、昭和初期に朝日によって左傾化 した日本人は多かったはずである。その典型的なものがわが政府要人に
対するゾルゲ事件であり、その核心にいたのも尾崎秀実という朝日新聞記者であった。

当時の共産主義にかぶれた代表的犠牲者として、昭和年1月3日に当時日本領だった樺太の国境を越えてソ連に越境した
岡田嘉子と演出家杉本良吉が挙げられる。

新聞は「駆落ち事件」と報じたが、ソ連に不法入国した二人は別々にGPU(KGB)の取調べを受け、その後二人は二度と会う事は出来ず、
岡田嘉子はソ連の宣伝に利用されたが、杉本は過酷な尋問を受けて銃殺刑に処されている。
彼らは支那事変に伴う軍国主義の影響で、
表現活動の統制に反発したのだと言われているが、杉本にはプロレタリア運動に関わった過去があった。

これが当時の共産主義国・ソ連の実態だったにもかかわらず、朝日は戦後もソ連を賛美し続けた。
中国の文化大革命報道も、実態とかけ離れた記事を流して恥じなかったから、どれだけ多くの青年男女が道を誤ったことか...。


もちろん「新聞」は商品だから売れなければ意味がない。少しは読者に媚びるのはやむを得ないとしても、
朝日はその裏で国を売る行動をとり続けていたことが許せない。  >>2へ続く

http://blogos.com/article/97101/





2: ◆CHURa/Os2M@ちゅら猫φ ★ 2014/10/28(火) 01:29:19.98 ID:???

>>1より

日米開戦が、スターリン、つまりコミンテルンの巧妙な罠だったことは今や自明だが、当時の朝日は、シナに対しては「暴支膺懲」、
米国を「鬼畜米英」呼ばわりした
。その世論誘導手腕は見事だったとしか言いようがない。  

この様な観点から朝日の記事を読み解いていくと、朝日は「報道機関」ではなく日本崩壊を目指した「諜報機関」だったという
私の説に納得されるのではないか


■朝日の意図は「反米親中」に在り
今年8月5日の「慰安婦問題特集」は、1面記事では「私たちは元慰安婦の証言や数少ない資料をもとに記事を書き続けました。
そうして報じた記事の一部に、事実関係の誤りがあったことが分かりました。問題の全体像が分からない段階で起きた誤りですが、
裏付け取材が不十分だった点は反省します」と書き、これまでの誤報を一部認め回も取り上げた自称・元山口県労務報国会下関支部
動員部長、吉田清治氏の「慰安婦を強制連行した」との証言については「虚偽だと判断し、記事を取り消します」とした。

今この問題で国内は揺れているが、謝罪云々もさることながら、これがジャーナリストとして取るべき態度であろうか。
しかし、戦後多発した朝日の誤報事件の結末には驚くほど類似性がある。

しかし私は「朝日新聞社=諜報機関(=KGB:中国公安)」説を唱えてきたから、今回の朝日の記事取り消し発表内容には少しも驚かない。
つまり「新聞記者」という身分は、古今東西「報道の自由」を旗印にした特権階級だと本人もまわりも"誤解"しているから、
「肩書」を見た政治家はもとより一般国民もつい気を許して取材に応じるから、最もスパイに適した職業なのである。


例えば私は、空幕広報室長時代に防衛庁内を"闊歩する"朝日の記者が、机上の文書に勝手に手を伸ばすから秘文書管理には苦労した。
昭和38年に統合幕僚会議事務室から記者が「演習秘文書」を持ち出して岡田春夫・社会党議員に手渡した「三矢事件」の前例
あったからである。我々でさえも彼らを"ジャーナリスト"だと誤解していたが、正体は「インテリやくざ」に近かった。
今や朝日新聞社は各国の左翼紙と同居して情報を共有しているのだから「諜報機関」であり、記者は「工作員」と呼ぶべきだろう。

そして朝日が意図している内容を学術的な業績のない大学教授らに書かせて「寄稿」の形で紙面を飾る。目立ちたがり屋の反体制
御用学者はどこにもいるものだが、一般読者には真実を確かめようがないから教授という「肩書」に騙され世論は左に誘導されていく。
この構造は社会正義どころか「偽善」以外の何物でもない。


沖縄の反米活動が典型的な例だが、過去には「べ平連」がある。つまり、今回、吉田清治という稀に見るほら吹き男の話に
"天下の"朝日新聞が乗せられたのはその逆バージョンなのだが、こんなウソ話を見破れなかったことが奇妙である。

朝日新聞は「当時は、慰安婦問題に関する研究が進んでおらず、記者が参考にした資料などにも慰安婦と挺身隊の混同がみられたことから、
誤用しました」「原因は当時の研究の乏しさにあった。他紙も同じような記事を書いた」と己の無知を研究不備に転嫁した。

ここまで来ると朝日の読者は低レベルな記者等が作ったウソ記事を高い金を払って読まされ続けてきたのだから実に気の毒だが、
案外読者のレベルもその程度なのではないか
?。

だが"天下の朝日新聞"である。そんなはずはあるまい。恐らく意図的な情報操作だったのであり売国奴的行動だったとみるべきだろう。
それは「1970年代初頭、朝日新聞社内に広岡知男社長や森恭三論説主幹の指導によって結成された安保調査会で、"反米親中"を旨とする
編集方針が定まっていたのであり、朝日は誤報や虚報を繰り返しているのではなく、意図的に"反米親中"を実践してきたのである。

安倍首相批判を継続しているのは「朝日の社是だ」と若宮敬文前主筆が公言したことがそれを裏付けている。
(『約束の日安倍晋三試論:小川榮太郎著)  >>3へ続く


3: ◆CHURa/Os2M@ちゅら猫φ ★ 2014/10/28(火) 01:29:28.36 ID:???

>>2より

■「チョーニチ新聞」で気が付いた
退官直後の平成年7月、アジア安保研修ツアーで北京を訪問した時のことである。我々一行を案内(監視?)してくれたのは
在日大使館勤務経験者だったが、市内見学の途上で「ヤオハン」の看板を見つけた私が「中国のやることは汚いな~あれほど
貴国の人民に貢献したヤオハンを追い出しておいて、店舗をそのまま使用するとは、盗人同然だ!」というと、
彼は「店を進出させる計画を聞いた時、我々は日本と中国では生活レベルが違うからと、店の規模などについて色々助言したが、
ヤオハン側は聞かなかった。開店当初は物珍しさで人が集まったが、もともと人民には購買力はないから我々の助言通り
倒産したのだ。それを取って何が悪い!あの社長は馬鹿よ!」と言い放った。

我々は唖然として声もなかったが、次に首相の靖国参拝問題について「この8月日、首相は靖国を参拝すると思うが、
そうなったら貴国はどうする?」とたたみかけると、彼は「それでこの問題はおしまいよ!しかし貴国のチョーニチ新聞は
何か言ってくるだろうからその時は騒ぐよ」
と言った。

一瞬私は「チョーニチ新聞」の意味が判らなかったのだが、脇から友人が「先生の"好き"な朝日新聞!」と教えてくれた。
そこで「朝日がどうするって?」と聞くと、「誰がこう言ったとかいろいろ情報を持ってくる。だから我々はそれに
応えてやるだけだ。話を聞いてやって持ってくるもの貰って何が悪い!」
と開き直られた。

これで私の「朝日=諜報機関説」が裏付けられたと確信した。要するに我が?朝日新聞社は中国政府に手玉に取られているのである。

ただ私がハッとしたのはこの「チョーニチ新聞」という表現である。恐らく書記官まで体験した日本語に堪能な彼が
「朝をチョー」と読み違えるはずはないから、何かのシグナルかもしれない。つまり彼は、朝日新聞社に巣食う「何者か」
を意識したのではないのか?と私は勘ぐった。例えば中国への朝貢に馴れた民族である。

その観点から朝日の問題記事を書いた有名な記者などを調べてみると、例えば本多勝一(本名:崔泰英)記者はじめ多くの
半島出身者の名が見えてくる。


私は半島出身者が一様に問題だといっているわけではない。日本には「郷に入らば郷に従え」という言葉があるように、
日本国土に定住している以上「日本国民」らしく振舞うべきだと言っているに過ぎない。

多くの有名芸能文化人達が日本社会に溶け込んで大活躍していて、共存共栄しているではないか。にもかかわらず、
あることないことで自分が生活して恩恵を受けている日本国を誹謗中傷する根性が不愉快なのである。

そういう意味でこの朝日新聞社は、反日の韓国、中国人らに「ハイジャック」されているゾというシグナルではないか?と疑ったのである。

仮にそうだとすれば、"ハイジャック犯"は「排除」すべきだろうし、どうしてもDNAが騒ぐ方々は故郷にお帰り頂くべきだろう。

今回の「朝日事案」で日本人が怒っているのは、このウソ記事が原因で日本国の名誉や日本人の精神性が国際的に誤解されていて、
孫子の代まで禍根を残すことになりかねないからである。朝日新聞の捏造記事とそれを作りだした歪んだ社風は、明らかに
大東亜戦争で散華された我が英霊方の行動を著しく毀損させているのであって、日本国に未来永劫汚名を着せる為の悪意ある
宣伝戦に対して国民は怒っているのである。


最近、天変地異が続くのは、単なる地球温暖化が原因ではなく、冤罪を払拭してくれない"ふがいない現代日本人"に対する
英霊方の怒りであり警告だとしたら、この際その禍根を断つべく政府は行動しなければならない。

戦時中は軍を鼓舞し、戦後は誹謗中傷する朝日新聞社の二重人格が問われているのであり、そのウソに踊らされている
政治家も一掃すべき時が来ているのである。
(了)


5: 名無しさん@13周年 2014/10/28(火) 01:53:24.29 ID:BPHUjG5wZ

凄いな。
とうとうこういう記事が出るようになったか。
朝日=外患誘致



にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
にほんブログ村
スパイ防止法がないせいでここまで酷いのでしょうか。
工作員の巣は潰しましょう。
工作員は追い出しましょう。
よかったらクリックお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/10/28 15:16 ] 日本 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://openmatome863.blog.fc2.com/tb.php/2232-33b44c2e










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。