スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【人が乗ってなくてよかったよ】【国際】旧式エンジン、民間活用でコスト削減裏目 生命線・物資輸送の脆弱さ露呈 米ロケット爆発 [H26/10/29]

1: ◆sRJYpneS5Y 2014/10/29(水)23:14:47 ID:???

事故が起きたアンタレスは打ち上げ直後に爆発したことから、
第1段エンジンの異常が原因だった可能性が高い
エンジンは安価な旧式で、
米国の民間活用に伴うコスト削減策が裏目に出たとの見方もある。


 このエンジンは約40年前に旧ソ連で製造されたとみられ、米国企業が輸入、
改修して搭載された。日本の宇宙関係者は「米航空宇宙局(NASA)は
開発段階でコスト削減を強く求めており、安価な旧式エンジンを採用せざるを
得なかった。費用を抑えるため点検項目を絞ったことが影響した可能性もある」と話す。

 性能面の評価は高かったが、今年5月には同型エンジンが地上の燃焼試験に
失敗しており、この際の原因究明が不十分だった可能性を指摘する声も出ている。

 国際宇宙ステーション(ISS)の運用にも暗い影を落とした。
食料や実験材料を運ぶ無人補給機は日米欧露の計5機種が運用されてきた。
このうちアンタレスが打ち上げるシグナスは、今回の事故で中断を余儀なくされる。

ISSには半年分の食料が備蓄されており、当面は問題ないが、
シグナスの休止が長期化すれば輸送計画は大幅な見直しを迫られ、運用に影響が生じかねない。


 ISSの無人補給機はロシアのプログレスも2011年に打ち上げに失敗しており、
米露双方が輸送にリスクを抱えていることが浮き彫りになった。

続き 産経ニュース
http://www.sankei.com/life/news/141029/lif1410290048-n1.html
http://www.sankei.com/life/news/141029/lif1410290048-n2.html





2: 名無しさん@おーぷん 2014/10/29(水)23:17:39 ID:jXPrqAlvs

こうのとりの出番だな


3: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)00:16:48 ID:rXmgWRxnU

日本が打ち上げるしかないのか?


4: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)01:38:36 ID:2AKglX0xo

旧式って枯れたじゃなくホンマのポンコツかい・・


5: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)01:57:10 ID:x8H9Nxw00

手を抜いちゃいけない所で手を抜こうとするのはアメリカも一緒か


8: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)08:15:04 ID:p56f7ucgE

ヴァンガード計画の時代に逆戻りしたか。


9: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)09:00:27 ID:3rY8JjUXx

40年も寝かしたら材の質が変わっちまうべよ



にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
にほんブログ村
無人宇宙船でよかったです。
よかったらクリックお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/10/30 12:23 ] アメリカ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://openmatome863.blog.fc2.com/tb.php/2249-d8390b43










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。