スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【無理せず帰ってきんさい】【政治】中国にすり寄るタイ暫定政権 駐タイ日本企業は大丈夫か [H26/11/26]

1: ◆sRJYpneS5Y 2014/11/26(水)12:42:17 ID:???

タイ暫定政権のプラユット首相(前タイ陸軍司令官)が、外交活動を本格始動した。
北京やミャンマーでの国際会議に相次ぎ参加したほか、日本訪問も予定しているという。
欧米諸国が軍事政権へ冷たい対応をとる中、中国はタイを懐柔する姿勢を強めており、
中タイは急接近しているもようだ。
日本企業はタイに多く進出しており、
高速鉄道輸出など大型インフラ案件にも期待を寄せているだけに、日本政府の対応が注目されている。

 プラユット氏は9日、アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議出席のため
訪れた北京で、習近平国家主席や李克強首相と相次いで会談し、中国雲南省から
ラオス、タイを結ぶ鉄道建設への協力などを表明した。

 習氏は「両国の全面的な戦略パートナーシップを深めていきたい」と述べ、
同鉄道などタイでのインフラ開発への協力や、中国企業によるタイへの直接
投資拡大の考えを示した。これにプラユット氏は、中国が目指す「シルクロード
経済ベルト」や「21世紀の海上シルクロード」に言及し、関係強化への期待で応じた。

 タイでは、インラック前首相の兄で、以前の軍事クーデーターで事実上の
国外逃亡を続けるタクシン元首相が、中国との経済関係強化を主導してきた。
一方、タクシン氏を警戒する軍部は、中国と一定の距離を保ってきた。
国境を接するミャンマーやカンボジアが中国へ軍事的に依存してきた状況も、
タイの軍部と中国との微妙な関係を作り出してきた。


だが、5月のクーデーター後、米国がタイへの軍事協力を中止するなど、
米欧は早期の民政移管を求めプラユット政権に圧力をかけている。
プラユット氏としては、頼れる大国は中国ぐらいしか見当たらないのが実情だ。


 プラユット氏が中国に約束した鉄道整備をめぐっては、インラック前政権と日本側が、
別の路線における高速鉄道計画で協議を進めていたが、クーデーターで頓挫してしまった。
中国政府が自国に有利な路線でタイと合意にこぎ着けたことに、日本政府筋は
「中国側が提示する路線の現実性はかなり低い。日本が売り込んでいる高速鉄道とも
内容が違い競合しない」と指摘する。一方、現地の日本企業関係者は
「タイ国内での需要拡大が確実視されるインフラ整備で中国企業の後じんを拝しかねない」と危機感を募らせている。

 タイの英字紙バンコク・ポスト(18日付)によると、タイのプラウィット副首相兼国防相
(元タイ陸軍司令官)は、中国ウイグルから不法入国したとみられる200人以上の難民について、
国籍を確認後、中国側に引き渡す考えを示した。これら難民は、今年に入り南部ソンクラーで見つかり
、現在は拘束中。中国側の迫害が懸念されるが、プラウィット氏は「彼らが帰国したとしても、
中国のような大国が暴力で扱うとは信じていない」としており、人権団体などの反発も予想される。

続き 産経ニュース
http://www.sankei.com/world/news/141126/wor1411260002-n1.html
http://www.sankei.com/world/news/141126/wor1411260002-n2.html
http://www.sankei.com/world/news/141126/wor1411260002-n3.html





2: 名無しさん@おーぷん 2014/11/26(水)15:55:04 ID:7Bi

足元見られるぞ…


3: 名無しさん@おーぷん 2014/11/26(水)16:25:07 ID:dpJ

危なくなったら逃げろよ


4: 名無しさん@おーぷん 2014/11/26(水)16:36:45 ID:82v

プミポン国王が健在なうちはまだ大丈夫だとは思う
けど
最近体調が悪くなられて、付け込みどころとみたのかね中共は?



にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
にほんブログ村
クーデターの国なので、来年再来年にはまた違う感じになっていそう。
ただ王様に何かあったら…予測不能です。
よかったらクリックお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/11/26 20:53 ] タイ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://openmatome863.blog.fc2.com/tb.php/2507-b5d49ae0










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。