スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【本当にまずい】【軍事】グレーゾーン事態、島を守り切れぬ現行法 [H27/1/13]

1: ◆sRJYpneS5Y 2015/01/13(火)14:30:30 ID:???

【よく分かる安全保障法制】(下)グレーゾーン事態、島を守り切れぬ現行法

日本の防衛法制には、集団的自衛権を行使できないほかにも「切れ目」が存在する。その代表的な事例が
「グレーゾーン」と呼ばれる事態だ。自衛隊に防衛出動が命じられる有事とまでは言えないが、治安維持
を担う海上保安庁や警察では対処できない隙間となっている。

 ■公明に配慮し見送りに

 漁民に偽装した外国の武装集団が日本の離島に上陸し、占拠した-。

 こうしたケースが発生した場合、わが国に対する武力攻撃ではないが、明白な主権侵害に当たる。だが、
武装集団が上陸しただけでは、自衛隊に防衛出動が命じられることはない。

 自衛隊法には、一般の警察力で治安維持ができないと認められる場合は「治安出動」、海保による対処
が困難なときは「海上警備行動」が定められ、自衛隊がこうした行動を取ることができる。

 だが、現在、治安出動と海上警備行動は閣議決定が必要となる。閣議を開いている間に事態が悪化する
恐れがある。武装集団が離島に上陸したケースでは、自衛隊の奪還作戦に対抗するため陣地を構築したり、
より強力な武器を新たに持ち込んだりすることが想定される。そうなれば、戦闘レベルが高まり、奪還任
務が困難になりかねない。

 そのため、自民党と公明党は昨年6月の与党協議会で、治安出動や海上警備行動の手続きを見直し、自
衛隊が迅速に出動できるように改めることで合意した。自衛隊出動の判断を事前の閣議決定で首相に一任
するというものだ。

 ただ、この措置は法改正ではなく、公明党の主張を受け入れ、「運用改善」で取られることになった。
公明党が最も慎重だった集団的自衛権の行使容認をめぐる議論を優先させるため、協議を前に進めたい自
民党側が折れた形だった。

 自民党は当初、グレーゾーン事態に対処するため、自衛隊法を改正し、自衛隊の武器使用基準を見直す
よう求めてきた。防衛出動ではないときの武器使用は、警察官職務執行法で相手の武装や武器使用に比例
し、制約される。このため、十分な対処ができない恐れがあるからだ。

 現行法の枠内でも治安出動のときなどは警職法を超えて武器使用が認められるとされるが、主権侵害に
対する備えとしては武器使用の拡大は不可欠だ。自民党側は新たな法整備を「今後の研究課題」としている。

 また、グレーゾーン事態への自衛隊の権限を強化すれば、治安維持機能を担う警察は権限が縮小するこ
とから、防衛省と警察庁の縄張り争いも法整備の阻害要因になっているとも指摘される。

中国が領有権を主張し、海軍艦艇を接近させている尖閣諸島(沖縄県石垣市)をはじめ南西諸島の離島防
衛で、果たして十分な抑止力を確保していると言い切れるのか…。  (略)

>>2





2: ◆sRJYpneS5Y 2015/01/13(火)14:30:34 ID:AXY

>>1より

 ■ガイドラインと整合性

 日米両政府は「今年前半」に、日米防衛協力のための指針(ガイドライン)を再改定する。もともと昨年
中の再改定で合意していたが、日本政府が次期通常国会に提出する安全保障法制との整合性を図るため、期
限を延期した。

 新ガイドラインでは、中国の急速な軍事的拡張、海洋進出を背景に、日本の集団的自衛権の行使容認によ
って対米協力の範囲が広がることを受け、自衛隊と米軍の役割分担を見直す。

 日米両政府は昨年10月、再改定の「中間報告」を公表した。特徴の一つが、これまで事実上の地理的制約
と理解されることもあった「周辺事態」の表現を削除していることだ。連動する形で、新たな安保法制も集団
的自衛権を行使できる範囲について「日本の周辺地域」のような地理的表現を避ける方針だが、日本周辺に限
定したい公明党との調整が必要になりそうだ。

 新ガイドラインの柱となる「集団的自衛権」の文言は中間報告に盛り込まず、「日本と密接な関係にある国
に対する武力攻撃が発生し、日本の武力行使が許容される場合の両政府間の協力」との表現にとどめた。明記
を避けたのは、自民、公明両党による安保法制関連法案の協議を控え、公明党への配慮が強く働いたからだと
される。

 しかし、公明党に配慮するあまり、集団的自衛権の行使対象や米軍との協力関係を必要以上に制限すれば、
有効な対処ができず、実効性を伴わない恐れがある。それでは「切れ目」のない安全保障法制に逆行すること
になる。 この企画は峯匡孝が担当しました。

全文 産経ニュース
http://www.sankei.com/politics/news/150113/plt1501130003-n1.html
http://www.sankei.com/politics/news/150113/plt1501130003-n2.html
http://www.sankei.com/politics/news/150113/plt1501130003-n3.html
http://www.sankei.com/politics/news/150113/plt1501130003-n4.html
http://www.sankei.com/politics/news/150113/plt1501130003-n5.html
http://www.sankei.com/politics/news/150113/plt1501130003-n6.html


4: 名無しさん@おーぷん 2015/01/13(火)16:36:12 ID:toF

ざっと読んだ
これはまずいな


5: ブルーブラック 2015/01/13(火)17:23:16 ID:fxT

せめて海の段階で止めないと

次世代が、、、


7: 名無しさん@おーぷん 2015/01/13(火)19:26:49 ID:toF

これけっこう大事なニュースだと思う



にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
にほんブログ村
このままではいけない、と思ったら、
地元の政治家や内閣府にあなたの意見を伝えましょう。
選挙にいきましょう。
無関心や諦めが日本を破壊するのです。
よかったらクリックお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/01/14 10:49 ] 日本 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://openmatome863.blog.fc2.com/tb.php/2641-a3eb4362










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。