スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【無視でおk】【政治】戦後70年の今年、中国が仕掛けてくる“罠” 北野幸伯氏 [H27/2/4]

1: ◆sRJYpneS5Y 2015/02/04(水)21:17:07 ID:???

(略)

安倍総理が注意すべきは 「終戦70年」で中国が仕掛ける罠

?ちなみに、安倍総理は、一度「中国の罠」にはまっている。13年12月26日の「靖国参拝」である。

?知らない方もいるかもしれないが、この参拝を批判したのは、中国、韓国だけではない。
実際は、中韓に加え、米国、英国、EU、ロシア、オーストラリア、台湾、シンガポールなどが、
これを非難した。長くなるのでここでは触れないが、「ウソだ!」と思う方は、こちらを読んでほしい。
http://diamond.jp/articles/-/53201

?しかし、安倍総理は、救われた。14年3月に、プーチン・ロシアが「クリミア併合」を断行したことで、
米国の敵「No.1」に浮上したからだ。米国は、欧州と日本を巻き込んで「対ロシア制裁」を強化する必要があり、
「安倍問題」はひとまず「棚上げ」された。

?これで中国の「反日統一戦線構想」は、いったん挫折した。しかし、日本人は、「中国の戦略はいまも継続中」
であることを知っておく必要がある。そして、この問題を巡る欧米など諸外国の非難を決して軽視すべきではない。

「終戦70年」にあたる今年、日本は2つの問題で、中国の罠にはまる可能性がある。1つは、8月に発表される
予定の「安倍談話」。もう1つは、総理がいよいよ視野に入れてきた「憲法改正」。安倍談話は、すでに「出す」と
宣言しているので、やめるわけにはいかないだろう。

?だから、筆者は、「習近平へのプレゼント」にならないよう、極力「謙虚な談話」をお願いしたい。
そして、憲法改正は、少なくとも対中弱腰オバマが大統領の間は待つべきだ。「憲法を改正して、歴史に名を残さん」
とはやる総理には、故・小野田寛郎氏の言葉を贈りたい。

「『負けて泣くような喧嘩はするな。勝つ自信が持てるまで我慢しろ』というのが母の口癖だった。
短慮な私を何度も叱り、おかげで慎重さ、たくましさを身につけることができた」(「生きる」小野田寛郎著より)

?当たり前だが、中国の戦略が成功し、日本が欧米中ロを同時に敵にまわすハメになれば、
また「負けて泣くケンカ」になってしまう。そうなれば、安倍総理は、望みに反して「愚かな総理」として、
歴史に名を残すことになるだろう。

?そうではなく、中国の罠を理解し、尖閣・沖縄を守り抜くことで、「偉大な宰相」と呼ばれるようになっていただきたい。

全文 ダイヤモンドオンライン
http://diamond.jp/articles/-/66110
http://diamond.jp/articles/-/66110?page=2
http://diamond.jp/articles/-/66110?page=3
http://diamond.jp/articles/-/66110?page=4
http://diamond.jp/articles/-/66110?page=5
http://diamond.jp/articles/-/66110?page=6





2: 名無しさん@おーぷん 2015/02/04(水)21:19:04 ID:7Oq

答えは8月15日の靖国参拝で


3: 名無しさん@おーぷん 2015/02/04(水)21:24:22 ID:GYI

長期政権なんだから焦る事はない。


4: 名無しさん@おーぷん 2015/02/05(木)01:09:34 ID:lLe

別に各国が日本を批判してもそれ以上の力はないね。
中国が珊瑚根こそぎ奪っていってもちょろっと批判しただけで何も変わらなかったし。
日本は日本の利益を一番に考えて行動して、
やるついでに他国も益になるならサポートするね、なスタンスでいいよ。





5: 名無しさん@おーぷん 2015/02/06(金)13:43:49 ID:9Ea

キンベーの属国に対する命令
『韓国は主権国家として当然の権利を行使し、反対の意志を表明してほしい』





6: 名無しさん@おーぷん 2015/02/06(金)13:46:47 ID:44T

また反日モンドか東洋反日経済といい
経済誌はほんとアホだな

内政干渉を認めますとかアホじゃね


7: 名無しさん@おーぷん 2015/02/06(金)14:10:48 ID:ZRM

歴史を謙虚に受け入れると、南京虐殺はなかったと理解できる。
南京で起こったのはテロリストの掃討戦と、テロの巻き添えになった不幸な一般市民への被害。
要するに、テロリストの共産党が悪いという結論が得られる。



にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
にほんブログ村
国交断絶でおkb
よかったらクリックお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/02/06 20:05 ] 日本 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://openmatome863.blog.fc2.com/tb.php/2785-d89cf9be










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。