スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【政治】「歴史を直視しろ」はこっちのセリフ 中国とポル・ポトの関係は…大量虐殺に加担した史実を隠すな [H27/4/27]

1: ◆sRJYpneS5Y 2015/04/27(月)14:30:56 ID:???

「歴史を直視しろ」。中国の習近平政権は戦後70年を意識し、しきりに日本を牽制(けんせい)
する発言を繰り返している。それならば、中国の歴史も直視しよう。
1970年代、数百万人ものカンボジア国民を虐殺したポル・ポト政権を“熱烈”支援していたのは
どこだったのか。「一度も謝罪しない」で開き直る中国の態度に憤るカンボジアの人々の声を米紙が伝えている。

中国なくして殺戮なし

 「中国こそ自らの歴史への直視を迫られている」

 米紙ニューヨーク・タイムズが掲げた見出しの記事は、首都プノンペンにある悪名高き
「ツールスレン・ジェノサイド(虐殺)博物館」の場面から始まる。

 同博物館はかつて高校だったが、ポル・ポトが実権を握ったクメール・ルージュ(カンボジア共産党)
支配の「民主カンプチア」時代、「S21政治犯収容所」となり、約2万人が収容されたとされる。
生き残ったのはたったの8人。反対する者、疑わしき者は粛清、抹殺する共産主義の恐怖政治を象徴する場所だ。

続き 産経WEST
http://www.sankei.com/west/news/150427/wst1504270001-n1.html
http://www.sankei.com/west/news/150427/wst1504270001-n2.html
http://www.sankei.com/west/news/150427/wst1504270001-n3.html
http://www.sankei.com/west/news/150427/wst1504270001-n4.html

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 17◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1429210571/722





5: 名無しさん@おーぷん 2015/04/27(月)14:49:24 ID:u1t

>>1

「サヨクにとっての産経は」

     「恐怖新聞」


2: 名無しさん@おーぷん 2015/04/27(月)14:32:57 ID:sKv

相変わらず熱いなサンケイ


3: 名無しさん@おーぷん 2015/04/27(月)14:45:07 ID:UhD

レアな資料は図書館にある
政権当時招かれた朝日記者の写真集とかな
ひとけのないプノンペン市街や見せられた工場を絶賛していている


4: 名無しさん@おーぷん 2015/04/27(月)14:47:12 ID:DV3

やっぱり産経だね


6: 通名廃止まであと73日 2015/04/27(月)15:23:15 ID:gG2

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

これからの若者たちに読ませたいメディア一覧

保守系新聞

・東海新報
・北國新聞
・伊勢新聞
・八重山日報
・産経新聞
・夕刊フジ
・読売新聞

保守系月刊誌

・WILL
・正論

保守系週刊誌

・週刊新潮

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


8: 名無しさん@おーぷん 2015/04/27(月)15:45:33 ID:fiL

>>6
SAPIOは?


9: 名無しさん@おーぷん 2015/04/27(月)15:58:01 ID:x8H

世界で起きる悪いことの7割くらいは中国がらみ


10: 名無しさん@おーぷん 2015/04/27(月)16:09:49 ID:95B

先ず隗より始めよってやつだね


7: 名無しさん@おーぷん 2015/04/27(月)15:36:40 ID:vSf

個人が起こした大虐殺で、人類史に於けるツートップは、
毛沢東とスターリンだろ。

こんなの歴史の常識。



にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
にほんブログ村
日本へのブラクプロパガンダ、ヘイトスピーチ、ヘイトクライム、挑発行動だけでも
十分に「おまいう」です。
目指せ脱特亜!
よかったらクリックお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/04/27 17:15 ] 中国 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://openmatome863.blog.fc2.com/tb.php/3083-90e13d80










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。