スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【これを真似する阿呆に注意!】【ISIL】空腹状態で訓練、洗脳 [H27/5/13]

1: ◆sRJYpneS5Y 2015/05/13(水)09:42:02 ID:???

【イスラム国 テロリストたちの告白(下)】
 空腹状態で訓練、洗脳 

 人質を「公開処刑」するなどの残虐さで知られるイスラム教スンニ派過激組織
「イスラム国」の戦闘員は、どのようにして養成されるのだろうか。
今年1月にイスラム国に参加した、イラク北部キルクーク郊外出身のアラブ人、
ハーニー(21)を最初に待っていたのは、30日間の厳しい訓練だった。
(イラク北部クルド人自治区 大内清、写真も)

常に空腹だった

 「1日に食べられるのは5粒のナツメヤシとパンだけだった」。にわかには信じがたい食事量だが、
イスラム教の預言者ムハンマドが非常に小食であったとされることや、栄養価の高いナツメヤシを
食べるよう信徒に勧めたとされる伝承に基づくものだったという。

 ハーニーの部隊では、銃器や爆発物の取り扱いや戦闘訓練、イスラム教の聖典コーランの学習のほか、
冬の冷たい川で水泳訓練を課せられることもあった。教練後は必ず、イスラム国を賛美するスローガンを復唱した。
常に空腹状態に置かれたのは、戦闘員の思想教育を容易にするためでもあったとみられる。


続き 産経ニュース
http://www.sankei.com/world/news/150513/wor1505130008-n1.html
http://www.sankei.com/world/news/150513/wor1505130008-n2.html
http://www.sankei.com/world/news/150513/wor1505130008-n3.html





2: 名無しさん@おーぷん 2015/05/13(水)09:45:39 ID:afQ

もう関わりたくない
政府警察公安も国内のモスクも要注意して欲しい


3: 名無しさん@おーぷん 2015/05/13(水)09:51:50 ID:7ep

まさしく奴隷教育だな。戦闘奴隷を育成しているんだね


4: 名無しさん@おーぷん 2015/05/13(水)10:45:51 ID:2KD

やっぱり洗脳してたのか


5: 名無しさん@おーぷん 2015/05/13(水)11:07:50 ID:T00

空腹状態で思考力を落として洗脳するわけか。



にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
にほんブログ村
角田美代子や松永 太の事件を思い出しました。
この洗脳、支配の手口はスタンダードのようで、現在も使われています。
精神的支配のためには孤立が欠かせないので、加害側は孤独な被害者を選びやすいようです。
家族、友人、ご近所さん、とできるだけ接点を作りましょう。
背のり防止にも効果的ですからねb
よかったらクリックお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/05/13 20:18 ] 世界 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://openmatome863.blog.fc2.com/tb.php/3105-cb60cf5e










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。